« スーパーフライヤーズカード | トップページ | ANA694 UBJ→HND »

2005年12月26日 (月)

JAL1038 CTS→HND

ANAではありませんが久々に珍しい経験をしたので、記録として書くことにします。
12月23日~25日、スノボにニセコまでツアーで出かけました。
最終日、新千歳空港に向かうバスはかなりの雪の中を走っており、若干の不安を感じていました。

20:50発のJAL1038便に搭乗予定で、19時とかなり余裕を持って到着したのでまずはチェックイン。
ところが・・・
                    「現在、搭乗手続きを中断しています」
の表示が電光掲示板にされています。
うっ、予想通り吹雪でCloseしたか、と思いながらも定石通りカウンターのお姉さんに確認へ。
自分 「現在の状況を教えて下さい」
JAL  「折り返しの便(おそらくJAL1037便)がまだ到着しておらず、到着してからのご案内になります。
     前の便(JAL1034便)も折り返し待ちの状態です。」
自分 「滑走路はCloseしているんですか?」
JAL  「2本あるうちの1本はCloseしており、もう1本を除雪作業中です。
     前の便(JAL1034便)への空席待ち整理券を発行します。700人待っておられるのですが・・・」
自分 「確かに難しそうですね。ありがとうございます。」
こういう時、お姉さんに文句を言っても始まらないのは当然です。
なんとかいい方法を提示してもらわなくっちゃ。

ここで整理券に書かれた種別は"B"。
JALのサービスプログラムであるJMB FLY ONプログラムの対象メンバーだと種別が"A"となり
かなり優先されて空席待ちが行えるのです。
今回のようにツアーで行くとどうなるんでしょうね?

19:30、アナウンスで搭乗受付が再開されたとのアナウンスがありました。
折り返し便が到着したということは、除雪が完了したということだ!、と考えて早めに手荷物検査へ。
出発を待っていると、無情にも
            「現在、2本の滑走路が両方とも閉鎖されたとの連絡がありました」
とアナウンスが。想定はしていたのですが、これは厳しいです。

051225_204901 確かに滑走路は全く見えず、おそらく除雪作業を行っていると思われる作業車の
ランプが遠くに見えるだけ。長丁場を覚悟しました。
千歳も羽田も24時間空港なので、どんなに遅くなっても飛ぶだろうとの読みもありました。

今の降雪では、除雪を行っても滑走路を使用できる状況ではないということで
2時間程度出発が遅れるだろうとのアナウンス。
長椅子で2時間も待つのはつらいので、ラウンジを使えないかと回ってみました。
一番いいのは航空会社のラウンジですが、当然ながらJMB FLY ONプログラムの
メンバーではないので使用できず。
ゴールドカードのラウンジが使えるのではと手荷物検査を逆に出て、ターミナル4階の
スーパーラウンジ(カード会社のラウンジ)に行ってみましたが、19時でClose。
あきらめて戻ります。

その内、雪がますます激しくなってきました。
21時過ぎ、後発のJAL1040便・1042便は折り返しの飛行機が到着せず、欠航が決まりました。
上空で旋回していたけれど、天候が回復しなかったので引き返したのだと思います。
ほぼ同時に払い戻しの手続きも開始されました。
「この先、欠航となることも考えられます」とのアナウンスです。
翌日が仕事だったこともあり焦りましたが、機材待ちの心配はないからと待ちを決めます。

21:30過ぎ、急に雪が止みました。
やがて、「運行再開の目処が立ちましたので、22:10過ぎに出発予定です」とのアナウンス。
               待っていた人たちの間で、拍手が鳴り響きました。

結局、離陸したのは22:30、羽田到着は0時となりました。
羽田まで自家用車で行っていたのが幸いし、無事に家まで帰り着きましたが、タクシー待ちの列が
すごいことになっていました。

<>

JALのホームページの発着案内を記録として貼っておきます。

便名 出発時刻 到着時刻
予定 実際 予定 実際
特記 理由
JAL1038 20:50 22:26 出発済み 22:25 23:58 到着済み
遅延 札幌千歳空港 雪による出発準備のため

今回、出来る限り最善の手は打てたのかなと思っています。
後の便で欠航にならなかったのは運も良かったし。
あとは上位メンバーであれば空席待ちが早かったとか、ラウンジでゆっくり待てたと言うぐらいですかね。

実は20年以上前の子供の時、羽田から松山に飛行機で向かった時、松山上空が霧で着陸できず
代わりに伊丹に降りたことがありました。
しかも最終便だったので羽田に戻れず、翌朝に松山に飛ぶというアナウンスがあったのです。
その時はバスで神戸港に向かい、フェリーで松山に渡りました。
大変ながらも、面白く感じたのを覚えています。

|

« スーパーフライヤーズカード | トップページ | ANA694 UBJ→HND »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159999/7962854

この記事へのトラックバック一覧です: JAL1038 CTS→HND:

« スーパーフライヤーズカード | トップページ | ANA694 UBJ→HND »