« 大島・八丈島ぐるぐる プランニング編 | トップページ | 大島・八丈島ぐるぐる PP編 »

2007年1月 5日 (金)

大島・八丈島ぐるぐる 運賃編

それでは、実際に修行をするプランニングをしていきましょう。

以前に書いたとおり、運賃により加算されるマイル、従ってプラチナポイントは
異なります。
最終的には費用対効果ですが、100%加算される運賃を使用した方が
良いかと思います。

ぐるぐるで使用される、運賃を比較してみましょう。
Image2_5

この路線独自の運賃として、「ルートきっぷ」と「八丈島乗継きっぷ」があります。
ルートきっぷは、羽田→大島→八丈島→羽田 とぐるっと1周の運賃、
八丈島乗継きっぷは、羽田→大島→八丈島 と大島で乗り継ぐ場合も直行便往復と
同額になるというものです。

費用だけ考えると上記の緑色である、リピート4回・超割・八丈島乗継きっぷが
有利です。
しかし、これらには以下の短所があります。

超割・八丈島乗継きっぷ    前日までに購入が必要・予約変更不可・
                   座席数制限あり
リピート4回            利用できない期間がある

天候に左右されるこの路線では、当日になって置き去りの心配から出発を
取り止める場合もあるでしょう。こう考えると、これらの運賃は不向きと思います。
従って、ルートきっぷと往復割引のみを使用して修行を行っていました。
ルートきっぷ、計算してみると1レグあたり7467円と安くなります。
ちなみに最安値は、乗り継ぎきっぷの1レグあたり5600円です。

インターネットから予約を行う場合に、ルートきっぷは選択できる運賃に
出てきません。普通運賃で予約すると、自動的に運賃計算の段階で
ルートきっぷとして扱われます。
決済の段階で念の為に確認しておきましょう。
運賃区分に「ルートきっぷ」と表示されます。

|

« 大島・八丈島ぐるぐる プランニング編 | トップページ | 大島・八丈島ぐるぐる PP編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159999/13340578

この記事へのトラックバック一覧です: 大島・八丈島ぐるぐる 運賃編:

« 大島・八丈島ぐるぐる プランニング編 | トップページ | 大島・八丈島ぐるぐる PP編 »